コルドバンクス3徒然日記

キャンピングカー初心者"たけち"のコルドバンクス3ブログです。
北海道より、快適化ネタや商品レビュー、おでかけ日記を綴っております。

交換

飛び石でヒビの入ってしまったフロントガラスを交換

写真 2014-06-12 15 07 22
先日、5月のドライブ中に被弾したフロントガラスをやっと交換しました。

当初Dから出た見積もりは7万オーバー
非純正品でも6万越え・・・
車検も近いので半ば諦めかけていたところ、たまたま立ち寄ったGS所長の友人に相談すると、『輸入ガラスを使えばD価格よりも〇万円安くできるよ』とのこと ※〇は自主規制w
持つべきものは友ですね

施工は市内の老舗ガラス屋『道南ガラス』さん。


写真 2014-06-14 6 52 53
交換したガラス
LAMISAFE(合わせガラス)
AP TECH(メーカー)
M315(純正はM325)
AS1(北米認証マーク)
DOT-371(純正はDOT-20)

純正ガラスにはTOYOTA HINO刻印やJISマークがついて賑やかですが、至極シンプルです

ノーUVカットのせいか、運転席左右のガラスと若干色見が違います・・・・が、この金額で交換出来るのなら飛び石なんぞ恐るるに足らず
なので車両保険なんて私には必要ありませーん←マケオシミ


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

カムロード純正ホーンをミツバ アルファー2へ交換

DSCN4111
コルドバンクス(カムロード)の貧弱ホーンをミツバのアルファー2に交換しました。

自分でホーン交換作業をするのは、なんと20年振り
20年前、ホーン交換作業といえば車イジリ好きの必須科目でしたねぇ・・・。

 

購入したのはミツバサンコーワ社製 アルファー2
メーカーHP
→音を視聴する♪ 【※注意※】音が出ます

カムロードはその車体の大きさに似つかわず、1個しかホーンがついていません。
メーカー推奨する配線方法だとリレーが必要なのですが、バッテリーからプラス線を持ってくるのが面倒なので今回リレーレスで取り付けします。
※確実な動作を求める場合、安定した電流が見込まれるメーカー推奨のリレー配線を行って下さい。

DSCN4112
他に用意したものとして、平型端子セット
※幅の狭いスピーカー用とは違います。


ホーン本体と純正配線の接続に使用します。
※必要個数=メス4個・オス1個

DSCN4113
アース用にクワ方端子セット


後は適当なL型ステーとボルト、配線とギボシ端子を少々。


DSCN4106
ライトをHID化した時と同じように、グリルを外します。
フロントフェイス中央、赤丸で囲ってあるのが純正ホーンです。

DSCN4108
カムロードの車体サイズに似合わない小さなシングルホーン。
固定してあるボルトを外します。

DSCN4109
ホーンに接続されているカプラを抜きます。
これがプラス線です。
アースはボルトでボディアースとなっています。

DSCN4110
外れたホーン。
もう二度と鳴ることはないでしょう・・・合唱。

DSCN4114
購入したアルファーⅡ
ミツバのロングセラー商品です。

DSCN4117
商品裏側。
平型オス端子が2箇所。プラスマイナスの区別はなく、どちらに配線してもOK。

DSCN4118
平型端子がこう刺さるわけですね。

DSCN4119
車体から純正ホーンに刺さっていたカプラを見ると平型のメス。
ここに新規ホーン用の配線を接続します。

DSCN4128
コード2本を平端子オスに共締めし収縮チューブで防水処理。

DSCN4129
末端へ平型メスをそれぞれカシメ、ホーンへ接続する二股を作っておきます。

DSCN4136
アース線もホーン2つからアースへ二股配線を作ります。

DSCN4137
ボディアースは適当なボルトと共締め。

DSCN4135
バンパー裏フレームにボルト穴が一つ開いていたのでここに固定することにしました。

DSCN4132

DSCN4133
ホーンを車体に固定します。
2つのホーンをL型ステーをかませボルトで共締め。

DSCN4138
配線を繋げ車体に固定。
雨が入って故障せぬ様、ホーンが下向きになるように取り付けします。

純正とは比較にならない立派な音になりました

まぁ、あまり鳴らす機会はありませんが、サンキューホーンで恥ずかしい音は鳴らなくなりました。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ



故障した水中ポンプを交換

DSCN3953
先日のGWキャラバン中故障が発覚した水中ポンプ。
ポンプを酷使したわけでも空回ししたわけでもなく、ましてや凍結・膨張、破裂させたわけでもない。
強い衝撃や外傷があるわけでもなければサビの発生もない。
昨年8月の納車以来蛇口を捻ったのは数えるほどだ。

出発前にはりきって水タンク満タン×2を積載したものの、蛇口から水が出ないのではただの重量物、それは余計なお荷物でしかない。
20kg×2本=40kg増で、キャラバン中の燃費を悪化させただけのものでした。


そこで昨日、販売店に対応してもらおうとTELするも
水中ポンプはあまり壊れるようなモノではないので、クレーム扱いにはならないと一蹴、しっかりお代を払い購入させていただきました
架装部1年補償もなんのその

ポンプ代金 1,720円
ヤマト送料 740円
代金引換手数料 315円
---------------------------------
合計 2,775円

送料高っ
うちの会社ですら160cm25kgまで道内一律350円で契約してるぜ

DSCN3951
あまり壊れないというポンプは販売店にしっかりとストックされていたようで、即日送っていただくことが出来ました。
届いた商品は純正でついていたソレとは違うもので、REICH社の水中ポンプ(ドイツ製) でした。
取り扱い説明書(pdfファイル)
10L/分の吐出力があるようで、壊れたポンプと出力は同じようです。

DSCN3954
プラスチックの外観はそれなりにチープでして

DSCN3955
値段相応に作りが甘いです。
ま、消耗品と割り切って使ったほうが精神衛生上よろしいかもしれません。



DSCN3945
【ポンプ交換方法】
まず、純正の壊れたポンプを取り外します。
シンク下の扉を開け配線を探します。

DSCN3948
ワンタッチコネクタで接続されているのがソレです。

DSCN3946
接続は平端子ですね。

DSCN3950
ホースと配線を束ねてあるインシュロックを切断し、シンク下から配線を引き出し故障したポンプを取り外します。

DSCN3956
ソケットを再利用すべく、カプラから平端子を外そうとしましたがしっかりロックがかかっており断念。
配線を途中で切断し、ギボシ端子を接続しカプラと配線を再利用することにしました。

DSCN3957
新しいポンプ側にもギボシをカシメておきます。

DSCN3958
ポンプの配線を穴から戻す時、何度やっても壁裏に潜ってしまうので針金を使いシンク下へ配線を取り回します。

DSCN3961
ホースをポンプに接続し、抜け防止にステンレス製のホースバンドで固定しておきます。
ホースとポンプの配線をインシュロックで数カ所纏めてタンクへ投入。

DSCN3963
後はポンプの配線とカプラをギボシで繋ぎ、スイッチのカプラと接続して完成。
スイッチをON、蛇口を捻ると元気良くモーターが回りました。

ちなみに、reich製当モーターは「ブラウンのケーブルを +プラス」、「ブルーのケーブルを ーマイナス」に接続します。
逆に接続してもポンプは稼働しますが、吐出能力は低下するそうなので注意が必要です。


どうも故障頻度が高そうなパーツなので予備として車内にストックしておこうかと思い、楽天やAmazonで同サイズのポンプを検索するも1機種しか探すことが出来ませんでした。


送料無料でお安いのですが、吐出量が6.3L/分で少し能力が落ちるようです。
まぁ、10L/分の吐出量なんてまず必要ないんですけどね(笑)

キャンピングカーパーツセンターでも純正同型を含め、数種類のポンプが販売されているようですが、送料がちょっとお高いんですよね・・・
北海道に住んでいる分、送料ってバカにならず少しでも安いところを探してしまう田舎モン、貧乏症です



にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
ブログ内記事検索
最新コメント
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

全国各地からありがとう^^

ジオターゲティング
お気軽にメール下さい^^
  • SEOブログパーツ
暇な時に押してネ ヽ(-з-)ノ
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
楽天市場
[最新]2016年度版パーツカタログ
道の駅ロードマップ
北海道のキャンプ場を網羅♪
キャンカー選びに!


アウトドア料理のバイブル!



ドメティック パワーケア   ★送料無料★




ドメティック エクストラケア ★送料無料★




オートキャンパー最新刊
キャンプカーマガジン最新刊
ガルヴィ最新刊
BE-PAL最新刊
車中泊 最新刊