DSCN5531
私が住んでいるところは北海道の海のある町でして、ましてや冬場は道路の凍結防止に大量の塩カルを撒いている地域。
『車体下回りの錆』問題は避けては通れないのですが、少しでも軽減策を と、以前トヨタに塩害ガードを施工してもらいました。


DSCN5532
施工からもうすぐ2年。
塩害ガードが万能ではないとはわかっていましたが、下回りを覗くとサビがあちこちに浮いてきていました。


DSCN5533
ナンバー裏がやはり一番ひどく、塩カリなどを巻き込んで長期付着してしまうんでしょうか。


DSCN5534


DSCN5535
フレームの水抜きのために開けたであろう穴の中もサビが見えます。


DSCN5529
サビをある程度落とし、塩害ガードスプレーで進行を防止しようと思います。
用意したのはJ型チャンネルブラシ(ワイヤー)、インパクトドライバに装着できるサビ落としワイヤー、塩害ガードスプレー、インパクトドライバ。


DSCN5536
ブラシを回転させてサビを落とすのですが


DSCN5538
回転を落として使おうにも、ブレてイマイチ使い物になりませんでした・・・(サイドハンドルがあれば上手くいくかも。)
チャンネルブラシでシコシコとやったほうが全然早いです(笑)


DSCN5539
ある程度サビを落とします。


DSCN5540


DSCN5541
場所が場所なだけにやり難いし、体にサビが降ってきてもう大変


DSCN5542
こうなってくると、性格上「だいたい」 です(笑)


DSCN5543
サビを落としたら塩害ガードスプレーで保護します。


DSCN5544


DSCN5545


DSCN5546


DSCN5547


DSCN5548
これでしばらくは大丈夫かな?
せめて1年に1回くらいはメンテしてあげないとダメですね


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ