DSCN4233
コルドバンクスは扉内に照明がなく、夜間・就寝時などメイン電源を切った後に探し物をする時困っていました。
手持ちにFluxLEDが多数あったので自作も考えたのですが、配線等の引き廻しや見た目の問題もあるので却下。
ボタン電池で作動し、扉の開閉に連動するLEDライトを購入しました。
【【↓↓↓購入したショップは記事一番下に記載↓↓↓】】

DSCN4235
オムニグロウ LEDライト 70-7505
商品は黒と白の2色がありますが、コルドバンクスの明るい内装に合わせて白をチョイス。
電池はLR44のボタン電池を3個使用します。

メーカーHPによると
「一般的にキャビネットのドアを一回に30秒で1日中10回の開閉で、電池は
一年間交換の必要がありません。」

とのことです。
テスト電池が付属しますが、早めに予備を購入しておくべきでしょう。


予備電池は100円ショップ等で購入するより、Amazonで購入した方が断然お得です。
※100円ショップだと2個入りで100円です。




DSCN4236
商品全貌
・オムニグロウ(本体・ベース)
・LR44電池×3
・タッピングビス×2
・絶縁シート
・取り扱い説明書

DSCN4237
本体とベースに分かれます。
先ずベースをビス止めし、本体をはめ込む形。

DSCN4238
取り付けベース
ビス穴4が箇所空いているので、扉から28ミリの位置か37ミリの位置、どちらか2箇所を使用します。

DSCN4240
本体の裏蓋をスライドし、電池を入れます。

DSCN4241
FluxLED、なかなか明るいです

DSCN4242
絶縁シートが付属しているので、取り付けするまでの間電池の隙間に差し込んで消灯しておきます。

DSCN4243
付属の取り付けビスの長さは約15ミリ。

DSCN4245
キャビネットの板厚が15ミリ程度なので貫通しないか心配になりましたが

DSCN4246
ベースの厚みがあるので問題なさそうです。

DSCN4248
先ずベース部をキャビネットに取り付けます。
キャビネットよりはみ出さないよう、ツライチでビス留め・・・

DSCN4250
と思ったのですが、両面テープで仮止めし動作確認してみます。

DSCN4252
キャビネットからポッチだけが飛び出た状態で取り付け。
扉が閉まるとポッチが押ささり、LEDライトが消灯します。

DSCN4253
両面テープでも結構頑丈に固定できたので、予定変更。
ビス止めを止め、両面テープで取り付けします。

取り付けに使用したのは、はがせるタイプの両面テープ。
万が一失敗した時や剥がす時にはノリ残りしません。

DSCN4254
真夏の車内温度に耐えられるかどうか。
剥がれるようなら躊躇なくビス止めしちゃいます
とりあえずこの状態で様子見。

DSCN4267
LEDライトが本体に45度の角度を持たせて取り付けてあるため、扉内全体を明るく照らしてくれます。

DSCN4270
シンク下の扉内上と下に2箇所。
整理しろって感じですね

DSCN4271
これで夜間の探し物が楽になります
嫁様にも大好評な快適化でした。



20130614185643
商品の購入先ですが、当初キャンピングカーパーツセンターから購入しようと思っていたのですが、北海道までの送料が高く、1,160円・・・
しかもパーツセンターは黒のみの扱い。
※パーツセンター内商品名は「LEDクローゼットランプ」

他店で同じ商品はないものかと、楽天やAmazonで探してみるも無い・・・・

しかし、諦めずネットでいろいろと調べているうちについに激安ショップ発見

20130614185123
金物ショップ タケダ
パーツセンターが1個861円のところ、なんと税込み500円
しかも新規会員登録で300Pプレゼント中なので、会計から300円引き

今回4つ購入したので、500円×4個=2,000円
北海道までの送料840円を加算して2,840円
プレゼントの300Pを使用して▲300円=2,540円!

パーツセンターで同じ数量購入した場合・・・
861円×4個=3,444円
北海道までの送料1,160円を加算して4,604円

その差額なんと2,064円也。
我ながら買い物上手。うむ。


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ