DSCN3909-3
大型トラックやフォークリフトでお馴染みのハンドルスピンナーを取り付けしました。
一度使うと病み付きになっちゃうパーツで、乗用車と違い外形が大きく、ハンドルが寝てる車に取り付けると切り替えしなどが楽に行えます


DSCN3897
【商品外装】
説明書もなく、至ってシンプルなパッケージ。


DSCN3898
メッキされたスカルがかっこいいでしょ~


DSCN3899
お値段の割にクオリティは高いかと。
スカルの目が紅く輝きます
LEDでも仕込もうかと思いましたが、やめておきます
※一番上の写真は画像を加工しておりますw


DSCN3900
取り付けは極簡単。
ボルトをプラスドライバーで緩め


DSCN3901
ハンドルの太さにより付属のゴムを選びます。
使用しなくても取り付け可能ですが、ハンドルに咥え傷が付きます。
カムロードは薄手のゴムを使うと丁度いいかと思います。


DSCN3902
後はハンドルに咥えさせ、外れないようキツくボルトを締めるだけ。


DSCN3905
グリグリ操作してみてズレやガタがないかを確認して完成。


DSCN3908
定番のハンドル内側、3時の位置に取り付けました。
好みで左側につける人や、5時付近につける人もおられるようです。
6時の位置は操作し辛く、危険なのでやめましょう


2000円もしないで買えちゃいます~

見た目重視かと思いきや、案外握り心地も良く操作感は良いです
車体をバックさせる時、切り返しの必要な時の取り回しなんかはほんと楽ちん
価格も安いしこれはオススメ


【その他 変り種スピンナー】

   
やっぱり水中花も捨てがたかったなぁ~w


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると泣いて喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ