コルドバンクス3徒然日記

キャンピングカー初心者"たけち"のコルドバンクス3ブログです。
北海道より、快適化ネタや商品レビュー、おでかけ日記を綴っております。

2014年08月

ミツバホーンこれって故障?

写真 2014-08-23 11 37 22
先日の道東旅行でのこと。
実は初日からトラブルがありました。
長旅へ出ると決まって何かとトラブるバンクスちゃん。
バックカメラモニターが映らなくなったり水ポンプが壊れたり・・・

それは夜の運転中の出来事。信号待ちで停車すると、前方に初心者マークをつけた車がおりました。
やがて信号が青になるも初心者さん、信号が変わった事に気づいていません。
クラクションで合図しようとホーンを鳴らすと・・・・あれ?・・・・?・・・・・鳴りません。
何度もホーンボタンを押せど叩けど鳴りません。
パッシングにも気づいてもらえず、10秒ほど車は微動だにせず沈黙・・・・といったことがありまして・・・。

おそらくは「ヒューズでも切れたのかな?」と、後にコンビニで停車、助手席足元にあるヒューズBOXを確認するも




file_20081015T170702046
キレてない。

バンパー下からホーンを覗き、配線の接続を見るも問題無さそう・・・。
ホーンボタンを押すとどこからかカチカチとリレー(?)の作動音がするのみ。

旅行中はどうにも出来そうにないので、家に帰ってからグリルを外して状況を確認してみることにしました。

帰宅後、ホーンを外し接続されていた平型端子をよく見てみると・・・


72346903_624
濡れてる。

端子のカバー内が水で濡れており、接触不良?漏電?を起こしているようでした。

水分をよく拭き取り、CRCを吹いて組み付け再びホーンボタンを押すと・・・




鳴らない


img_0 1369999356
お手上げです。

本当に社外ホーンの故障なのかを確認すべく、純正ホーンを探すも見当たりません。
どこかに大事にしまったのか、はたまた捨ててしまったか・・・


MBW-2E17W_P_l
後日、ホーンの故障と見定め買いなおしましたよ、ええ。
同じミツバのアルファーⅡを。


同じグリーンでは面白くないので、せめて違うカラーをと白をチョイス。

天気の良い土曜日、ホーン交換となったのですが、何気にホーンが鳴らないか再度確認してみると





プー!





10091854792
え?

もう一度・・・



10091854792
プゥーー!







ugokuzo
こいつ・・・鳴るぞ!


天気の良い日が続き、濡れていた接触不良箇所が導通したのでしょうか。
・・・鳴ります。


写真 2014-08-23 12 09 05
どうやらホーン自体問題無さそうなので、端子を完全防水し再度組み付けてみることにしました。
コルゲートチューブとビニールテープで完全に水分をシャットアウトします。

コルゲートチューブ 3ミリ


写真 2014-08-23 12 09 23
プラス分岐部、アース線、とことん防水処理を施しました。


写真 2014-08-23 12 15 21
アースポイントも塗装をヤスリで剥がし完璧。

数日後でも問題なく作動するので、やはり接触不良だったようです。

防水って大事ですね というお話しでした


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

お盆休みに道東旅行へ行って来ました

DSC05028
お盆休みに北海道、道東旅行へ行ってきました。
前に道東へ行ったのは10年以上も前のこと・・・町も様変わりしてるかな??


新しい「まっぷる」を買い込み出発


12日の夜、札幌へ用事のあった嫁と長女を迎えに行き、その足で道東方面へ向かいました。
旅行1日目、道の駅「日高樹海ロード」で仮眠、翌朝5時に起きるとそこは雨・・・・
旅の先行きが不安になりながらも子供達を寝せたまま車を走らせます。


DSC05036
釧路に到着後、朝食はお決まり「和商市場」の勝手丼。


DSC05034
ネタは豊富で新鮮ですが、まるっきり観光地化してしまってお高い(笑)


DSC05052
食後はご当地銘菓、「ねこのたまご」というアイスを食べました。
「雪見だい〇く」のモチ部分とは比べ物にならないくらいモチモチでおいしいんです


DSC05059
次に向かったのは「釧路市こども遊学館」。


DSC05069
屋外に水遊びが出来る場所があったり、屋内には綺麗な砂場があり、ここで遊ぶだけなら無料。
施設は大きなサンルーム状になっていて日当たり良好。寝不足気味の私はウトウト・・・・


DSC05107
奥には遊具施設などがあり、子供は無料。大人のみ追加料金を払い入場。


DSC05122
子供達は楽しそうに遊んでました。


DSCN5643
お昼は釧路のご当地グルメ、「泉屋」のスパカツを食べに釧路イオン昭和店へ。


写真 2014-08-13 14 47 36
焼けた鉄板の上に太麺のパスタ、カツが乗りその上にミートソースがたっぷりかかっています
すごい量にひるみながらもあっさり完食


写真 2014-08-13 18 21 29
腹ごなしにイオンをぶらついた後、これまたイオンの隣にある大喜湯へ。


写真 2014-08-13 17 36 43
いいー感じのお湯でさっぱり


DSC05133
釧路港へ移動、車内で簡単に夕飯をすませ港を散策。
岸壁にタモを入れると北海シマエビが採れました

今夜は港で就寝。


DSC05138
2日目の朝は快晴
簡単に朝食を済ませ更に東へ移動。


DSC05140
厚岸の道の駅「コンキリエ」に到着。
北海道じゃらんでグルメ部門V4を飾る人気の道の駅で、お昼前から人がいっぱい・・・


DSC05163
炉辺焼きで焼き物や牡蠣を頂きました。
6pc¥1,000の生牡蠣、さすが地元粋がよくておいしかった


写真 2014-08-14 12 08 35
焼牡蠣も身がプリプリでサイコー


DSC05196
おなかも膨れた後は東の最果て、納沙布岬へ。
以前来た時は強風ですごかった記憶しかありませんが、今回は風もなくおだやかでした


DSC05204
北方領土返還を願って建立されたモニュメントの前で願い(?)のジャンプ
プーチンさん、北方領土早く返してね


DSC05222
根室市内のスーパーで食材を買い、宿泊予定の道の駅「おだいとう」へ。


DSC05226
根室と言えば花咲ガニ


DSC05227
車内で初の焼肉(笑)
換気&ファブリーズの消臭効果か、翌日の残り香はほとんどありませんでした


DSC05236
3日目早朝。5時起床、網走へ向け出発。
早朝に起き、子供達を寝せたまま移動というパターン、楽でいいですね
トレーラーでは真似できない、キャブコンのメリットの一つだと思います。


DSC05241
朝食は車内で釧路ラーメンを。


DSC05248
次に向かったのはこれまたお決まりの網走監獄。
10年前は閉館時間ギリギリにきて小走りに見たので全然記憶に残っておらず、今回はゆっくり観覧できました。


DSC05264
これまたお決まりな


DSC05281
「脱走だーー


写真 2014-08-15 13 42 48
網走市内に戻り道の駅で昼食を・・・と思いましたが40分待ち・・・
道の駅道路向かいの蕎麦屋さんでお腹を満たします。おいしかった


DSC05293
次に向かったのが「オホーツク シマリス公園」。
入場料&エサ代を払い、シマリスに餌付けすることが出来ます。
人気スポットらしく、入場するのに20分以上待ちました~


DSC05343
園内にはシマリスが放し飼いにされていて、元気に走り回っています。
とっても人慣れしていて、手の上に乗りエサを食べてくれる姿に超癒されました


写真 2014-08-15 16 27 24
顔ハメ看板は見かける度に必ず・・・


写真 2014-08-15 17 04 09
女満別にある「ホテル山水」というお風呂で旅の疲れを癒します。


写真 2014-08-15 17 56 37 (1)
ご満悦

夕飯の買出しをして今夜の宿泊地、道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」へ。

さすが峠。周りには街灯も無く、いるのは自動販売機に群がる大量のガ
早めの就寝・・・


DSC05355
4日目の朝。生憎の雨模様。
周りはぐるっとパノラマ濃霧です(涙)
さっさと屈斜路湖へ移動します。


DSC05361
雨霧は峠だけで、屈斜路湖へ着く頃にはおだやかな空に。


DSC05374
屈斜路湖は日本最大のカルデラ湖で、湖畔の砂場を掘ると温泉が出てきます
足湯でまったり


DSCN5657
昼頃になるとやっと太陽が照りつけ始め、子供達も水着に着替え湖へ
寒くなれば砂湯に浸かることが出来るのでサイコー

キャンプ場も併設されており、激混みでしたが人気の理由も分かりますね~


DSCN5667
遊び疲れてこの表情(笑)

日曜の午前中には家に着きたいので、15時30頃屈斜路湖を後に。


DSCN5686
帰り道、足寄の道の駅でラワンブキと松山千春のパネル前で


DSC05384
たくさんいろんなとこ行ったねー


DSCN5688
帰り道、帯広に寄り道して豚丼を

道の駅「日高樹海ロード」で仮眠、早朝に移動し最終日の日曜の朝7時前には苫小牧着。
休むとダルくなってしまうので、虫の死骸で汚れた車をすぐに洗車、片付け。
一息ついたのはお昼頃


kml
8月12日19時出発。
17日の7時に帰宅。
総移動距離:1248km

やー北海道って広いですね(笑)
時間が足りずウトロ、知床方面をすっ飛ばしてきたのが悔やまれますが、またそのうち


DSCN5617
そうそう。
旅行前に装着したBRIDEのバケットシートの乗り心地、もうサイコーです
疲れ知らずでいくらでも走れちゃいます
以前なら1、2時間も運転すれば腰が痛くなり、バンクベッドに手をかけ腰をストレッチしたりモゾモゾと体勢をズラしていましたが、今回の旅では全く腰に違和感が出ませんでした。


こんなに体感違うならもっと早く装着すればよかったです


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

BRIDEシート ユーロスタークルーズ取り付け

写真 2014-08-04 10 50 28
コルドバンクスでお出かけ時、長距離をドライブをすると次第に腰が・・・・。
特段腰痛持ちというわけではないのですが、純正ペラペラのトラックシートではさすがに腰が痛くなりがちです。
キャンピングカーは見た目は豪華でも、ベースは所詮トラックですからね・・・
これから先の長距離運転を快適に過ごしたいので、奮発してBRIDEシートを購入しました。

購入したのはモデルチェンジ前のBRIDE ユーロスタークルーズ。メーカーHP
(現行モデルは ユーロスターⅡクルーズ となります)

  

合わせてMOタイプのカムロード用シートレールとアームレストもセットで購入。
今回モデルチェンジ前の商品をマエ@埼玉(サーキット倶楽部)さんよりお安く購入させていただきましたm(_ _)m

商品梱包サイズの大きさに少し怯むのと同時に、大物を購入した充足感にしばし酔いしれます(笑)


DSCN5556
先ずシートレールを開梱、組み立てます。


DSCN5557
シートレール本体。


DSCN5580
フレーム裏には専用フレームとして KDY231 カムロード の明記が。


DSCN5558
マルチアダプター 前後
しっかりとした厚みがあり、ずっしりと重量があります。


DSCN5559
マニュアルと取り付けボルト・ナット一式。


DSCN5561
取り付けマニュアルに沿って組み立てていきます。
メーカーHP pdfマニュアル


DSCN5562
シートレールにマルチアダプターを付属のボルトで仮止めしていくのですが、


DSCN5581
マニュアルにはボルトのサイズ表記のみで、必要な工具サイズなどは記載されていませんでした。(不親切)


DSCN5564
ナットは10ミリのボックスレンチが必要。


DSCN5566
ゆるみ防止にナイロンが入った「ナイロン六角ナット」です。


DSCN5565
ボルトは4ミリの六角棒レンチを使用。


DSCN5571
シートレールのスライドケース側からワッシャーとナットを入れボックスレンチで、上からボルトを六角棒レンチで締めます。


DSCN5570
前側のプレートを一旦仮止め状態にします。


DSCN5572-2
後ろ側のマルチプレート取り付けボルトは、レールの後ろから数えて3個目の穴を使用します。
※マニュアルでは非常に分かり辛い箇所です


DSCN5576
前後のマルチプレート長穴部間(シート本体を止めるボルト穴)が左右共330ミリになるよう調整した後、全てのボルトを本締めします。


DSCN5577
ひとまずシートレールの完成。

レールの動きが渋かったので、スライドケース内にスプレーグリースを吹き付けておきました。


DSCN5583
シート本体
ダンボールに「くの字」状態で梱包されています。


DSCN5584
マニュアル一式、ステッカー、取り付けボルト一式
それに『保安基準試験成績一覧表』が付属されており、車検証と一緒に保管してくださいと記載されていました。
これで安心して車検を受けることが出来ます。


DSCN5585
姿を現したBRIDEシート本体。
ご丁寧にビニール袋に入っています。


DSCN5586
車体から純正シートを外します。
前後2本づつ六角ボルトで固定されているので、フロント側から外していきます。
ボルトはBRIDEのシートレールを固定する際に再利用するので紛失しないように。


DSCN5588
車体中央側はプラスチックのカバーがついているので内張りはがしなどでコジって開けましょう。


DSCN5587
14ミリのメガネレンチを使用しボルトを外します。
結構なトルクで固定されているのでスパナ厳禁


DSCN5590
前側が外れたらシートを前にスライドし、後ろのボルトを2本外します。
中央に見えるケーブルはシートベルト警告灯の配線なので


DSCN5591
カプラーを外してからシートを車外へ出します。


DSCN5592
シートが外れた状態。
あまり汚れていませんでしたが、普段掃除できない場所なので綺麗にしてから作業を進めます。


DSCN5593
純正シートからシートベルトホルダーを外します。
ここは14ミリのメガネレンチ


DSCN5594
先ほどの警告灯ケーブルがシートに固定されているので


DSCN5595
内張りはがし等でこじって外します。


DSCN5598
シートベルトホルダーを新しいシートレールに移植します。
シートレールに付属のボルトナットを使い、17ミリのメガネとモンキーレンチで固定します。


DSCN5599
組みあがったレールを車体に乗せ、ガタ付きやボルト穴にズレがないか確認します。


DSCN5600
シート後部にワンタッチでシートを畳むことが出来るレバーがついているのですが、キャンカーの運転席後ろにはクリアランスがないのでこれを外します。


DSCN5601
左右2本づつボルトで固定されているだけなので、プラスドライバーで簡単に外すことが出来ます。


DSCN5602
キャンカーには無用なので ポイです。


DSCN5603
シートとレールの間にスペーサーを入れ、付属しているボルトでシートとレールを固定します。
5ミリの六角レンチを使います。


DSCN5604
警告灯センサーケーブルはここの隙間を通しました。


DSCN5605
いよいよシートを車体に固定します。
先ほど車両から外したボルトを14ミリのメガネレンチで均等に締めて固定。
センター前側のビスは狭いので一苦労。ここはスパナが活躍します。


DSCN5606
早く座りたい気持ちを抑え、アームレストの取り付けに移ります。
※シートを車体に取りつける前に装着したほうがいいですね(笑)


DSCN5607
シート横のキャップを外し


DSCN5608
アームレストに付属のボルトを17ミリのスパナで固定します。


DSCN5611
付属の波ワッシャーを入れ


DSCN5612
アームレストのチャックを開け


DSCN5613
取り付け穴が見えるまでめくります


DSCN5615
アームレストをシートに差し込み、付属のワッシャーとナットで固定します。


DSCN5616
12ミリのボックスレンチで固定すれば完成です。


DSCN5617
完成。
グレーBEはカムロードの内装にマッチして違和感ないですね。

ふともものサポート部がさすがに邪魔くさくて、乗り降りはし辛くなりました。
座った感想は、『優しい』といった印象。
しっかりと身体をホールドしてくれるせいか、車の乗り心地が良くなったかのような錯覚を覚えました。


DSCN5619
レールに貼り付けられたBRIDEステッカー。
乗り降り時その気にさせてくれます。


DSCN5620
シートのリクライニングはダイヤル式でスムーズ。


DSCN5621
生地はスエード調。
さらさらして高級感があります。


DSCN5622
肩を優しく包み込んでくれます。


DSCN5623
アームレスト最高!
これが欲しくてBRIDEシート購入したようなモンです(笑)

初の長距離ドライブはお盆休みになりそうです



【必要な工具まとめ】
・六角棒レンチ 4ミリ、5ミリ
・コンビネーションレンチ 14ミリ、17ミリ
・モンキーレンチ
・ボックスレンチ 10ミリ
・プラスドライバー +2

  
六角棒レンチセット|コンビネーションレンチセット|ボックスレンチセット
高価な道具は必要ないと思いますが、最低限の工具セットは常備しておきましょう


 
モンキーレンチ|エーモン 内張りはがしDX
エーモンの内張りはがしDXはスチール製で丈夫。なにかとテコ用途に使えるので、内張りクリップを外したり、こじったりあおったり と、使用用途の高いお気に入りの工具です


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

車体の下回りを覗いたらサビが出ていたので塩害ガードで補修

DSCN5531
私が住んでいるところは北海道の海のある町でして、ましてや冬場は道路の凍結防止に大量の塩カルを撒いている地域。
『車体下回りの錆』問題は避けては通れないのですが、少しでも軽減策を と、以前トヨタに塩害ガードを施工してもらいました。


DSCN5532
施工からもうすぐ2年。
塩害ガードが万能ではないとはわかっていましたが、下回りを覗くとサビがあちこちに浮いてきていました。


DSCN5533
ナンバー裏がやはり一番ひどく、塩カリなどを巻き込んで長期付着してしまうんでしょうか。


DSCN5534


DSCN5535
フレームの水抜きのために開けたであろう穴の中もサビが見えます。


DSCN5529
サビをある程度落とし、塩害ガードスプレーで進行を防止しようと思います。
用意したのはJ型チャンネルブラシ(ワイヤー)、インパクトドライバに装着できるサビ落としワイヤー、塩害ガードスプレー、インパクトドライバ。


DSCN5536
ブラシを回転させてサビを落とすのですが


DSCN5538
回転を落として使おうにも、ブレてイマイチ使い物になりませんでした・・・(サイドハンドルがあれば上手くいくかも。)
チャンネルブラシでシコシコとやったほうが全然早いです(笑)


DSCN5539
ある程度サビを落とします。


DSCN5540


DSCN5541
場所が場所なだけにやり難いし、体にサビが降ってきてもう大変


DSCN5542
こうなってくると、性格上「だいたい」 です(笑)


DSCN5543
サビを落としたら塩害ガードスプレーで保護します。


DSCN5544


DSCN5545


DSCN5546


DSCN5547


DSCN5548
これでしばらくは大丈夫かな?
せめて1年に1回くらいはメンテしてあげないとダメですね


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

泊村へ海キャンプに行って来ました

写真 2014-07-27 10 20 38
先週の土日、原発で有名な泊村へ1泊2日でキャンプに行って来ました。
天気予報は土日ずっと雨マーク。
天気を気にしていては北海道の短い夏は楽しめません と言い聞かせ、ガス抜きのため強行です(笑)


写真 2014-07-26 15 50 08
土曜日、昼で仕事を終え泊村へ。
波音ではなく、雨音が響きます


写真 2014-07-26 16 13 04
暇なので次女はお絵かき。
雨の絵描いてます(涙)


写真 2014-07-26 16 51 48
P帯から移動しテトラポットのある岸壁へ。
ここをキャンプ地とする!


写真 2014-07-26 17 28 26
オーニングを出したところで雨風が強くなってきました。
脚だけをペグダウンしただけではオーニングがもたなそうなので


DSCN5550


タイダウンキットを使いオーニングを補強しました。
初めて使用したのですが、これがなければ風が強すぎてオーニングが破壊されていたことでしょう・・・
持っててよかったタイダウン!


写真 2014-07-26 19 34 53
オーニングで雨がしのげるのでBBQ強行!
今夜のメニューは
ご飯をユニフレームのライスクッカー で炊飯し、焼き鳥、バジルホルモン、ウィンナー、つくね、白貝、ホタテ!

海岸線としては珍しくフルセグが入ったので27時間テレビを見て過ごし、11時半には就寝・・・


写真 2014-07-27 10 19 49
翌朝、車内で焼きそばを食べまたまた移動。
雨風止んだので砂浜へ降り子供達を遊ばせます。


写真 2014-07-27 10 26 21-111
テトラに囲まれていて遠浅、膝丈の深さがずっと続く湾。
子供達を遊ばせるには最高のスポットでした

さて、昼食を と外でBBQをはじめると・・・・ポツ・・ポツ・・・・サー・・・・・・ザーーーーー

次のお出かけはお盆かナー


にほんブログ村のランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチっと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

ブログ内記事検索
最新コメント
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

全国各地からありがとう^^

ジオターゲティング
お気軽にメール下さい^^
  • SEOブログパーツ
暇な時に押してネ ヽ(-з-)ノ
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
楽天市場
[最新]2016年度版パーツカタログ
道の駅ロードマップ
北海道のキャンプ場を網羅♪
キャンカー選びに!


アウトドア料理のバイブル!



ドメティック パワーケア   ★送料無料★




ドメティック エクストラケア ★送料無料★




オートキャンパー最新刊
キャンプカーマガジン最新刊
ガルヴィ最新刊
BE-PAL最新刊
車中泊 最新刊