コルドバンクス3徒然日記

キャンピングカー初心者"たけち"のコルドバンクス3ブログです。
北海道より、快適化ネタや商品レビュー、おでかけ日記を綴っております。

2012年10月

キャンピングカーに電子レンジ取り付け ~設置・取り付け編~

DSCN2961
先日の【購入・準備編】に続き、今回は取り付け編です。


【注意】今回はあくまで『コルドバンクス3』への自分なりの取り付け方法ですので、これが『電子レンジが落下しない正しい取り付け方法』というわけではありませんのであしからず

車種が違えど応用の利く小ネタもあるかもしれません。
取り付け方法を模索している方には参考程度にご覧いただければと思います


今回取り付けにあたり、各方面のブログ等を検索、徘徊してまいりましたが、あまり自分に使えそうな有益な情報は転がっておりませんで、頭を悩ませました。
一取り付け方法として後に続く方への何かしらの参考になるやもしれませんので、順を追って出来るだけ詳しくアップしたいと思います。



まず、取り付けスペースを確保するため邪魔なものを外します。

DSCN2979-3
収納扉を外すため、ラッチやマグネット、落下防止木片、照明ケーブルの保護カバーを撤去。


DSCN2981
キレイさっぱり。取り付けスペースが確保出来ました
※写真はケーブルの保護カバーがついたままですが、後に外しました。レンジの足高がある場合はこのままでいいかもしれません。

スペースの寸法はおおよそ
奥行 : 330~340ミリ(奥の化粧板が傾斜しているため)         
横幅 : 490ミリ
高さ  : 270ミリ
です。


DSCN2983
取り外した扉。
何かに再利用出来ないかな~?


DSCN2984
商品の開封。
保証書、購入店のレシート等は最低でも保障期間が終わるまで、1年間は保管しておきましょうね


DSCN2985
ハイアール JM-17C-50 ブラック
やはりブラックを購入して正解
白より断然高級感があります


DSCN2986
レンジ底部。
前側がゴム足。
奥側はスチールの押し出しプレス成型。

底部から木片で固定、棚板の下からビスで共締め・・・を考えていましたが、この複雑な形状を見て予定変更しました


DSCN3000
取り付け、固定に用意した商品群。

エーモン 取付金具(黒) S731  固定用
エーモン タッピング5×12 1531 ステー固定用
ドリルねじモドトラス板金用M4×13 レンジにステー固定用
アイリスオーヤマ 転倒防止粘着マット ECT-2554 底部振動防止用
ELPA 延長コード(1個口 3m) LPE-103N(W) 配線用


DSCN3001
コルドバンクス3はレンジ横の収納庫まで100Vの配線がきているので、ここから分配します。
端子盤から既存の穴を共用し、隣まで配線するため邪魔な既存保護カバーは一端外しておきます。


DSCN2995
取り付けスペース奥の化粧板を外します。
3本の小さな細ビスで止まっているので、ドライバーは細めのものを使用した方がよいと思います。


DSCN3005
分電端子盤からレンジスペースに配線を持ってくるために、先ほど外した化粧板の右上辺りに15ミリ程度の穴をあけます。


DSCN3003
電子レンジと分電端子盤を接続するコードを作成。
延長コード の【メス側のみ】を使うので30cm程残してオス側を切断。

延長コードは1500Wに耐えられるケーブルを使用しました。
安価な細いケーブルを使用すると発熱、最悪発火の恐れもあるので注意が必要です
今回使用したELPAのケーブルはメスカプラ部も熱に強い仕様らしいです。


DSCN3004
被服を剥いて端子をしっかりと接続。
※極性はありませんが、手持ちに赤・黒のカバーがあったので・・・


DSCN3007
レンジ側から化粧板を通し、裏を回して隣の分電端子盤へ。
化粧版をビス止め。


DSCN3006
端子盤にしっかりと接続し保護カバーを閉める。


DSCN3008
当初レンジのケーブルを切断し直接配線しようかと考えましたが、初期不良等で壊れた時の事を考え、メーカー補償が受けられるようにしておきました
※ビス穴を空けた時点で無理という話も・・・(笑)


DSCN3013
この時点で一度レンジを所定場所に納め、試運転してみます。

はい、問題なく動きました


DSCN3014
エンジン停止状態で動作させてみましたが、グッと電圧が下がっているのがわかりますね


DSCN3017
問題の固定方法ですが、今回エーモンのL型ステーを4つ使用しました。
これでレンジと棚底板をビスで固定することにします。
縦方向に長穴が空いているので、ビスを打つ箇所が自由、調整幅があります。


DSCN3018
ステーをレンジに固定するのに丁度いいビス穴が空いているわけもなく、使用したのはコレ。
4×13ミリの鉄板ビス
薄鉄板なら下穴無しで潜っていきます。


DSCN3015
裏側に配線など通ってなさそうな箇所にビス止め。


DSCN3028
左右4箇所に金具を取り付けしました。
※真ん中のビスは失敗跡


DSCN3033
当初、2箇所で十分かと考えていましたが、落下の不安が拭いきれず、アングルを4箇所に増やしました


DSCN3020
いよいよ設置です。

その際、ガタつき防止・振動緩和用に地震対策で使う転倒防止粘着マットをレンジ足部に設置しました。


DSCN3038
L字金具を取り付けたレンジは左右ともにスペースギリギリ
その隙間は約35ミリ。

『どうやってビス止めするの?』という疑問に答えるのが

コレ↓
DSCN3036
電動ドライバー用スリムL型アダプター と、奥側の金具用ビスを打つために、以前にも使用したフレキシブルビットを合わせ技で使用。

  

これを使えば狭い隙間でもインパクトを使用しビス止めが可能です。
※延長用ソケットが手持ちにないためフレキシブルソケットで代用しましたが、ただの延長ソケットの方がビスは打ち易いです。


DSCN3043
手力じゃ絶対無理ですね(笑)
タッピングビスの12ミリ を使用し、ステー1個につき1本ビス止め。
これ以上長いビスを使うと棚板を貫通させる恐れがあります。


DSCN3023
無事取り付け出来ました。

試乗テストも行いましたがビクともしません
手で前後左右にゆすってもピクリとも動きません

落下防止用に木片をレンジ前足部に渡そうかとも思いましたが、ここまで強固に設置されていれば余計なビス穴を増やすこともないかな?と思い止めました。

これでオートサイトでの100V接続時も、移動中のインバーター使用時でも家から持ち出したおかずの温めなおしやチンご飯、簡単な調理も簡単に出来そうです

後はお出かけしなくちゃね

●【購入・準備編】も合わせてご覧下さい


↓ポチっと押していただけると元気が出ます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ

キャンピングカーに電子レンジ取り付け ~購入・準備編~

以前から『あったら便利装備No.1』であろう電子レンジを取り付けすべく、購入に踏み切りました。
下調べから購入にいたるまでの経過を記事にしていこうと思います。


購入のいきさつ
納車時にインバーターとセットで取り付けてもらおうと思ったが、バンテックのオプション設定金額があまりにお高い・・・。
無論インバーターとセットで取り付けする事になるのでそれはもう・・・

電子レンジ                    ¥26,250 -
パワーインバーター(1500W・サイン波)   ¥130,200 -
                     ===============
                          ¥156,250 -

他、サブバッテリーの追加も必須でしょうし、電子レンジを使うためにこんな大金出せません
冷蔵庫の¥141,750 だってケチったのに・・・
そんなこんなで、自分でお安く商品を購入し取り付けしちゃおうと思ったのがきっかけ

納車後、早々にCOTEK製サイン派1500Wインバーターを装着済みなので、準備は万端です


電子レンジ購入後のメリット

●家で作った余りモノを車内に持ち込むなどし、温め直しが出来る(食費の節約)。
●出先で購入したそうざい等を手軽に車内で温め直しが出来る。
●ご飯を炊くのが面倒な時は『チンするだけのご飯』で事足りる。
●車内調理の幅が広がる。

自分が思うに、節約貧乏旅にはかかせないアイテムかと思います。


電子レンジ購入後のデメリット

●サブバッテリーに負荷がかかるため、バッテリーの寿命が短くなる?。
●10数kgの重量増。
●チーン という生活感むき出しの音(笑)

バッテリーへの負荷ですが、エンジンを掛けた状態で短時間(数分)の使用ならあまり気にしたものではないでしょう。


キャンピングカーにベストな電子レンジとは?

●小型
●オーブン機能レス
●低消費電力(出力調整機能付き)

出力が低くなればなるほど温めにかかる時間はかかってしまいますが、1000Wオーバーの高出力をかけ一気に電圧をドロップさせてしまうのもバッテリーを痛めてしまいます。
400W~600W程度の出力で、出来るだけ短時間の使用に留めるべきです。

数ある電子レンジの中から機種を選択しなければなりませんが、限られたスペース内に取り付けるため、外形寸法に気をつけて購入しなくてはなりません。

コルドバンクス3の電子レンジスペース(キッチン上部左棚)はおおよそ下記の通り。
奥行 : 330~340ミリ(奥の化粧板が傾斜しているため)         
横幅 : 490ミリ
高さ  : 270ミリ

ここに納まるサイズのレンジを選ぶ必要があります。
いつものAmazonで検索し、そこそこの評価の商品を抽出してみました。



電子レンジ購入検討機種

ハイアール JM-17C-50
サイズ:440×340×258mm
庫内容量:17L
●出力を5段階で切り替えすることが可能。
700W・550W・400W・210W・100Wの5段。
メーカーHP

ツインバード DR-4215W5
サイズ:455×330×265mm
庫内容量:17L
●定格消費1100W。4段階の出力切り替えが可能。
強・中・解凍・弱の4段。

アイリスオーヤマ EMO-705
サイズ:452×346×262mm
庫内容量:17L
●定格消費1100W。4段階の出力切り替えが可能。
強・中・弱・解凍の4段。高/700W~解凍/200W相当。
メーカーHP

シャープ RE-T1W-5
サイズ:460×375×275mm
庫内容量:20L
●出力は700Wと200W(解凍)の2段切り替えのみ。
国内メーカー(生産はタイ)
メーカーHP


※注意※
出回ってる安価な電子レンジは、東日本と西日本の周波数を兼用出来ません。
東日本は【50Hz】の商品を。
西日本は【60Hz】を選択する必要があります。

上記は【50Hz】を検索したものです。
※【60Hz】商品はこちら→ 電子レンジ60Hz

772704_p02



この価格帯の商品はどれも似たり寄ったりなので、どれを選んでもあまり『間違い』はないと思いますが、出力調整の切り替えが豊富なハイアール JM-17C-50に決めました。

しかも、チープな『家電ホワイト』 はやめ、ブラックを選択

 
    ハイアール JM-17C-50 【50Hz】(左)| JM-17C-60 【60Hz】(右)



※上記のブラックモデルですが、廃盤のためか在庫切れのようです。
型番を見る限り新しい機種が発売されているようです。

 
ハイアール JM-17E-50 【50Hz】(左)| JM-17E-60 【60Hz】(右)



車内の家電が液晶テレビ、DVDプレーヤーとも黒なので、統一の意味も込めてブラックを選択しました。
送料無料で5,000円以内で買えちゃうんだから安いもんですよねぇ~
だいたいが、メーカーOP価格が高すぎ
26,250円て・・・

ま、取り付け・配線の技術料が大半なんでしょうね ハイハイ

DSCN2976
商品も到着し、準備万端。
現在取り付け方法をいろいろと考えております
簡単にいくかなぁ・・・

早い時期に ~取り付け編~ をアップ出来るよう頑張るス

●【設置・取り付け編】はこちら


↓ポチっと押していただけると元気が出ます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ

レバー式吸盤タオルリング

DSCN2572
コルドバンクス快適化のため備品を買い揃えているんですが、なかなかオサレなものがないんですよねぇ・・・
100均で買うのもちょっと・・・
タオル掛けの類なんかは両面テープで接着するものが多く、それじゃあんまりデス
マグネットは付く箇所が無いし、ドアに挟めるタイプもイマイチ。

いろいろ見たなかで吸盤タイプの良さげな商品を見つけました。


タオルリング レバー式吸盤
本体はABS樹脂製で出来ており計量。
タオルを掛けるリング部はステン鋼管を使用しているのでサビの問題もなし。

DSCN2574
で、本商品の特徴である吸盤。
ただの吸盤だと少し重みのあるものをぶら下げると落ちたり外れたりしてしまいますが、この商品はレバーを下げると扉にぐっと食いつき、しっかりと固定されます。


DSCN2575
耐加重は3kg。
タオルで3kgも水を含ませるのは・・・無いですよね
内装建具の色合いともマッチし、安っぽくないしイイ感じ

この吸盤シリーズ、他にも数種あるようです。


シリーズで揃えて見ようかな

ただ、キッチンペーパーホルダーが無いのよねぇ・・・


↓ポチっと押していただけると元気が出ます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ

コールマン クールスパイダーステンレスグリル激安でゲット♪

DSCN2764
木枯らし吹く10月。
『お外で焼肉シーズン』もそろそろ終わりなわけですが、先日ふらっと立ち寄ったスポーツオーソリティで

シーズンオフ・展示品処分コーナー
ですと

ほうほう。
コールマンのテントや焚き火台、チェアーやトライポッド。
どれも展示品処分、現品限り20~30%OFF
ヨダレを垂らしながら見ていると、そこに以前から欲しかったコールマンのクールスパイダーステンレスグリル が20%OFFじゃありませんか
しかもレッドじゃなくステンモデル
レッドは結構安売り見かけるんですが、ステンはなかなか安売りせず、以前から欲しかったんです。
  
昨年から発売されている当モデル、火床が引き出し式になっており、炭の継ぎ足しや火力調整が簡単
焼き面、火床サイズも300mm×450mmあるので強火・弱火・保温ゾーンが作れる

早速店員さんを呼び、箱を開けてもらって商品をチェックすると、本体上部枠に何かをぶつけたような打痕がありました。
DSCN2766
多少目立つものの、通常使用にはなんら問題なく、20%OFFなら買いだよなぁ~と考えていると

店員さん:『30%OFFにしちゃいましょぉ~か
わたし:『買った


早速レジにて会計。
レシートを見て見ると


通常                5,980円
展示品処分30%OFF    ▲1,794円
------------------------------------------------
                   4,186円

更に・・・
会員割引5%OFF         ▲   210円
------------------------------------------------ 
                  3,976円


ラッキ~
通常5,980円の商品が3,976円で買えちゃった

この大きなグリルがあれば、スキュアー を買って念願のアレが出来る





bbq1200_photo1
↑アレ


一度やってみたいんですよねぇ~ コレ(笑)
BBQの王道スタイルを(笑)
TVなんかじゃよく見るけど、産まれてこのかた一度もこのスタイルで食べたことがない
ワイルドに食べて見たいんです(笑)


で、お家に帰ってこの打痕を少しでも目立たなく出来ないかと思い、裏から叩き出ししてみることに。

DSCN2771
叩きづらい場所なのでマイナスドライバーをあてがい、ハンマーでトントントントン・・・・

DSCN2772
へこみは小さくなったけど、余計目立つような・・・?(笑)

DSCN2774
よしとしましょう


さあこのコンロ。買ったはいいけど。
今年使えるのか(笑)


↓ポチっと押していただけると元気が出ます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ

コルドバンクス3オプション装備の『ベッド補助マット』取り付け

05
ドでかい荷物が届きました。
納車予定日の1ヶ月ほど前に発注した『ベッド補助マット』がようやく納品されました

タイ工場で生産しているらしく、いろいろと時間がかかったようで・・・・
2ヶ月半近く待たされてしまいました

オプション装備を考えている方は是非、車の契約と同時に発注してください


49
開封すると、ベッド本体と『受け』が3本付属されてきました。
内装に受けをビス止めし、【付属の受け3箇所】+【ダイネット手摺部の受け1箇所】の【計4箇所】でベッドを支えます。

画像上、一番短いものがTV台横に装着する受け。  約260ミリ
真ん中が2列目ダイネットシート横に装着する受け。  約480ミリ
一番下が補助シート通路側に装着する受け。     約540ミリ

取り付けの際使用するビスは付属されておりませんで・・・・・・ご丁寧ですね(笑)


47
受けは2段になっており、化粧版を貼り合せた合板を2枚重ねてあり、小口にモールがついてます。
この下の合板部分にビスを打つことになります。


DSCN2889
先ずは補助シートの座面を外します。


DSCN2890
ビスの長さはステンの57ミリをチョイス。
場所によって57、51ミリを使い分けしました。


DSCN2891
天板から25ミリ下がった箇所に。


DSCN2892
均等に5本ビス止めしました。
体重が乗ったベッドを支えるので、しっかりと。


DSCN2893
下穴を空けずにビス止めしたので、木割れが心配でしたが問題ありませんでした。


DSCN2894
シートを戻した状態。
ん~、この数センチの出っ張りが後に邪魔になりそうな気が・・・・
脚(スネ)をぶつけそうですね~


DSCN2895
セカンドシートは座面を補強するため渡してある合板が邪魔なので一旦外します。
狭い箇所に『四角型のコーナー止め』を用いビス止めされているので、フレキシブルビットを使い外しました。


狭い箇所のビスを外すのに必須ですね
1本工具箱に入れておくと便利です。


DSCN2896
TV台は狭いボックス内からなので、身体の変なトコロが攣りそうになりながらビス止め

ここのスペース。
両サイドにこんな出っ張りがついちゃうので、monacoさん案のコールマンの28QTクーラーボックスINが出来なくなってしまいました・・・
本気で考えてたんだけどな
代案を考えねば・・・


DSCN2897
無事、ベッド受けを3箇所付け終えたので念願のフルフラットモードに変形してみます

サードシート脇も補助マット受けになるので、ステンの肘掛を引き抜きます。


DSCN2898
補助マットを乗せて完成(笑)
至極簡単ですが、マットはバンクベッドのふにゃふにゃなモノとは違うので、それなりの重量があります。

念願の掘りごたつスタイルです
冬場はベバストの送風口を追加してこたつ仕様にしたいな~

常時このスタイルだと入り口からダイネットへの移動がし辛いので、お出かけ仕様ですね。


DSCN2899
で フルフラットモード。
広大なベッドスペースが生まれました

次女はバンクベッドで寝るのがちょっと怖いらしく、ダイネットで嫁さんと狭そうに寝ていました。
これで嫁さんが添い寝しても、寝返りが打てず体が痛い・・・ということは無いでしょう

夜間の長距離移動もこのスタイルにしておけばいつでも子供が就寝できるかな?と思います。
ダイネットで椅子状態で眠られても困るし、後ろのベッドに寝かせるのも追突された時の事を考えると怖くてとても出来ませんしね


DSCN2901
困った事がひとつ。
DVDプレイヤーの置き場がなくなってしまいました
TV台の中に納めるのが一番スマートですが、ベッド展開している時補助マットが邪魔してTV台を開くことが出来ません・・・

さて困った。
やはりTV台上を2段、3段化しなくちゃならないかなぁ・・・


↓ポチっと押していただけると元気が出ます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
ブログ内記事検索
最新コメント
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

全国各地からありがとう^^

ジオターゲティング
お気軽にメール下さい^^
  • SEOブログパーツ
暇な時に押してネ ヽ(-з-)ノ
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
楽天市場
[最新]2016年度版パーツカタログ
道の駅ロードマップ
北海道のキャンプ場を網羅♪
キャンカー選びに!


アウトドア料理のバイブル!



ドメティック パワーケア   ★送料無料★




ドメティック エクストラケア ★送料無料★




オートキャンパー最新刊
キャンプカーマガジン最新刊
ガルヴィ最新刊
BE-PAL最新刊
車中泊 最新刊