以前から『あったら便利装備No.1』であろう電子レンジを取り付けすべく、購入に踏み切りました。
下調べから購入にいたるまでの経過を記事にしていこうと思います。


購入のいきさつ
納車時にインバーターとセットで取り付けてもらおうと思ったが、バンテックのオプション設定金額があまりにお高い・・・。
無論インバーターとセットで取り付けする事になるのでそれはもう・・・

電子レンジ                    ¥26,250 -
パワーインバーター(1500W・サイン波)   ¥130,200 -
                     ===============
                          ¥156,250 -

他、サブバッテリーの追加も必須でしょうし、電子レンジを使うためにこんな大金出せません
冷蔵庫の¥141,750 だってケチったのに・・・
そんなこんなで、自分でお安く商品を購入し取り付けしちゃおうと思ったのがきっかけ

納車後、早々にCOTEK製サイン派1500Wインバーターを装着済みなので、準備は万端です


電子レンジ購入後のメリット

●家で作った余りモノを車内に持ち込むなどし、温め直しが出来る(食費の節約)。
●出先で購入したそうざい等を手軽に車内で温め直しが出来る。
●ご飯を炊くのが面倒な時は『チンするだけのご飯』で事足りる。
●車内調理の幅が広がる。

自分が思うに、節約貧乏旅にはかかせないアイテムかと思います。


電子レンジ購入後のデメリット

●サブバッテリーに負荷がかかるため、バッテリーの寿命が短くなる?。
●10数kgの重量増。
●チーン という生活感むき出しの音(笑)

バッテリーへの負荷ですが、エンジンを掛けた状態で短時間(数分)の使用ならあまり気にしたものではないでしょう。


キャンピングカーにベストな電子レンジとは?

●小型
●オーブン機能レス
●低消費電力(出力調整機能付き)

出力が低くなればなるほど温めにかかる時間はかかってしまいますが、1000Wオーバーの高出力をかけ一気に電圧をドロップさせてしまうのもバッテリーを痛めてしまいます。
400W~600W程度の出力で、出来るだけ短時間の使用に留めるべきです。

数ある電子レンジの中から機種を選択しなければなりませんが、限られたスペース内に取り付けるため、外形寸法に気をつけて購入しなくてはなりません。

コルドバンクス3の電子レンジスペース(キッチン上部左棚)はおおよそ下記の通り。
奥行 : 330~340ミリ(奥の化粧板が傾斜しているため)         
横幅 : 490ミリ
高さ  : 270ミリ

ここに納まるサイズのレンジを選ぶ必要があります。
いつものAmazonで検索し、そこそこの評価の商品を抽出してみました。



電子レンジ購入検討機種

ハイアール JM-17C-50
サイズ:440×340×258mm
庫内容量:17L
●出力を5段階で切り替えすることが可能。
700W・550W・400W・210W・100Wの5段。
メーカーHP

ツインバード DR-4215W5
サイズ:455×330×265mm
庫内容量:17L
●定格消費1100W。4段階の出力切り替えが可能。
強・中・解凍・弱の4段。

アイリスオーヤマ EMO-705
サイズ:452×346×262mm
庫内容量:17L
●定格消費1100W。4段階の出力切り替えが可能。
強・中・弱・解凍の4段。高/700W~解凍/200W相当。
メーカーHP

シャープ RE-T1W-5
サイズ:460×375×275mm
庫内容量:20L
●出力は700Wと200W(解凍)の2段切り替えのみ。
国内メーカー(生産はタイ)
メーカーHP


※注意※
出回ってる安価な電子レンジは、東日本と西日本の周波数を兼用出来ません。
東日本は【50Hz】の商品を。
西日本は【60Hz】を選択する必要があります。

上記は【50Hz】を検索したものです。
※【60Hz】商品はこちら→ 電子レンジ60Hz

772704_p02



この価格帯の商品はどれも似たり寄ったりなので、どれを選んでもあまり『間違い』はないと思いますが、出力調整の切り替えが豊富なハイアール JM-17C-50に決めました。

しかも、チープな『家電ホワイト』 はやめ、ブラックを選択

 
    ハイアール JM-17C-50 【50Hz】(左)| JM-17C-60 【60Hz】(右)



※上記のブラックモデルですが、廃盤のためか在庫切れのようです。
型番を見る限り新しい機種が発売されているようです。

 
ハイアール JM-17E-50 【50Hz】(左)| JM-17E-60 【60Hz】(右)



車内の家電が液晶テレビ、DVDプレーヤーとも黒なので、統一の意味も込めてブラックを選択しました。
送料無料で5,000円以内で買えちゃうんだから安いもんですよねぇ~
だいたいが、メーカーOP価格が高すぎ
26,250円て・・・

ま、取り付け・配線の技術料が大半なんでしょうね ハイハイ

DSCN2976
商品も到着し、準備万端。
現在取り付け方法をいろいろと考えております
簡単にいくかなぁ・・・

早い時期に ~取り付け編~ をアップ出来るよう頑張るス

●【設置・取り付け編】はこちら


↓ポチっと押していただけると元気が出ます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ